読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

ベトコンハウス(ミニハウス)の作り方

有機農業研修

f:id:akaringding:20160829164007p:plain

徳島では一般的なベトコンハウス(ミニビニールハウス)。普通のビニールハウスより小さく簡易的な作りになっていますが、誰でも簡単に組み立てられるので農業で大活躍します。今回は、このベトコンハウスの作り方をご紹介します。

ベトコンハウスとは

ベトコンハウスは、間口3m、高さ2〜3mほどの小さなビニールハウスです。徳島県内ではよく見かけるのですが、他の都道府県でも一般的なのかはよくわかりません。先生によると、ベトナム戦争のころに発明されたから"ベトコン"というのだそうです。

材料

  • ベトコンアーチパイプ
  • ビニペット
  • 直管パイプ
  • ビニペットスプリング
  • フックバンド
  • ビニペットコーナージョイント
  • クロスワン
  • ハウスパッカー
  • パイプハンド(あれば)

設計図

かなりざっくりですが、この設計図を元にベトコンハウスを組み立てていきます。

側面に2本と上面に1本、ビニペットを使い、上面には3本の直管パイプを通ります。

また、上面&上側面はビニールで多い、側面は通気性をあげるために防虫ネットを使います。下側面は黒いビニールを使い、側面に雑草を生えにくくします。

f:id:akaringding:20160829164218j:plain

 ベトコンハウスの作り方

① 計測

まずは計測です。ピタゴラスの定理(a2×b2=c2)を使って、圃場に対して直角になるように目印を作ります。底辺3mに対して直角に4mを計測、さらにその2点を繋いで5mになるようにします。

f:id:akaringding:20160829163531j:plain

② パイプを組み立てる

つぎに1mおきにアーチパイプを差し込んでいきます。パイプハンドという道具を使って、足で踏み込めば奥までパイプを差すことができます。

f:id:akaringding:20160829171712p:plain

画像引用:G25 パイプハンド 1個 サンエー 【通販モノタロウ】 17832806

f:id:akaringding:20160829163539j:plain

両サイドに差したアーチパイプをつなげます。アーチパイプの先は、細くなっているものとそうでないもの(オス・メスというらしいです)があって、手ではめ込むことで繋ぐことができます。

f:id:akaringding:20160829163551p:plain

側面上部に直管パイプを1本とおします。パイプの交差点をフックバンドを使って留めます。

f:id:akaringding:20160829163611j:plain

さらに側面に2本、妻面に1本ずつビニペットを設置します。ビニペットの先には、
ビニペットコーナージョイントという部品をつけて、パイプとつなげます。

f:id:akaringding:20160829163627j:plain

上面にも3本の直管パイプと1本のビニペットを設置します。こちらも、フックバンドやビニペットコーナージョイントをいう部品をつかって固定します。各パイプとの交差点にもフックバンドを使って固定していきます。

f:id:akaringding:20160829163641j:plain

これで、パイプの組み立てが完了です。間口3m、奥行き4mの骨組みができあがりました。

f:id:akaringding:20160829163710j:plain

③ 透明ビニールを張る

次にビニールを張ります。使うのは、2枚の幅3mの透明ポリシートです。まず片面分のビニールをはります。

f:id:akaringding:20160829163722j:plain

上のほうにビニールを置き、上部をビニペットスプリングを使って片側を固定します。

f:id:akaringding:20160829163733j:plain

上部を固定できたら、妻面をはります。ググっとビニールを引っ張ってピンとした状態にしたら、妻面に設置したビニペットにスプリングを使って固定します。

f:id:akaringding:20160829163746j:plain

f:id:akaringding:20160829163802j:plain

角の部分にはハウスパッカーを使って、ビニールを固定します。

f:id:akaringding:20160829163837j:plain

片側のビニールが張れたら同様に、もう片面のビニールを張っていきます。

f:id:akaringding:20160829163858j:plain

f:id:akaringding:20160829163912j:plain

これで透明ビニール張りは完了です。

f:id:akaringding:20160829163847j:plain

妻面のたるんだビニールは、土を20cmほど掘ってしっかり埋め込みます。出入り口となる部分はすべて土に埋め込まずに人が入ることができるようにします。

f:id:akaringding:20160829163930j:plain

上からみるとこんな感じになりました。ビニールを張るときは、骨組みが浮き出るくらいにピンと張るのがポイントです。

f:id:akaringding:20160829164007p:plain

④ 防虫ネットと黒ビニールを張る

側面の下部には、雑草を生えにくくするために黒ビニールを使います。このビニールも、側面に通しているビジペットにスプリングをつけて固定します。下に余ったビニールは妻面と同様に、しっかり土の中に埋め込みます。

f:id:akaringding:20160829164032j:plain

側面真ん中には防虫ネットを張ります。防虫ネットは風を通すので、あまりピンと張っていると破けてしまいます。なので、ほんの少しゆとりがあるように張ります。

f:id:akaringding:20160829164042j:plain

f:id:akaringding:20160829164057j:plain

完成図

これでベトコンハウスが完成です!男性が中にはいっても、屈む必要がない高さなので作業性も確保されています。このサイズで組み立てにかかったのは4時間ほど。もっと慣れたら早く組み立てることができると思います。 

台風に耐えるほどの耐久性はないので、台風が来た時には解体する必要があるそうです。素材を用途別に変えると、農具保管庫や育苗室としても利用できるのでかなり役立ちそうです。

f:id:akaringding:20160829164109j:plain

この記事は、研修を実施する「とくしま有機農業サポートセンター」の許諾の元、筆者の復習を目的に記載されています。内容の正確性を保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。内容に誤りや不適切な点があった場合こちらまでご連絡いただけると幸いです。