読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

秋冬作野菜(ブロッコリー、レタス、タマネギ等)の育苗

f:id:akaringding:20160822142742j:plain

9月頃から始まる、秋冬野菜の育苗。どのような野菜があるか、どのように育苗するかを見ていきます。

秋冬作野菜の例

  • ブロッコリー(アブラナ科)
  • レタス(アブラナ科)
  • ハクサイ(アブラナ科)
  • レタス(キク科)
  • タマネギ(ヒガンバナ科)
  • ダイコン、カブ(アブラナ科)

アブラナ科の野菜は、根が張りやすいと言われています。

育苗の流れ

  1. 必要資材の準備
  2. 培土を入れる
  3. 播種
  4. 蒸し込み(暗所)
  5. 棚上げ(明所)
  6. 定植

育苗に使用するトレー

育苗で使うトレーの種類は以下の通りです。

  • プラグトレー(セルトレー)又はポットトレー
  • アンダートレー(育苗箱)

※ 水稲用のアンダートレー(育苗箱)にはいくつか種類があります。中には、穴が少ないものもあるので間違わないよう注意しましょう。

トレーの大きさは、60cm×30cmのものが主流で、穴のサイズ(穴の数)が異なります。容量は、培土で3〜3.1L、覆土で0.5〜0.7Lが目安になっています。

  • 128穴(30mm穴)
  • 200穴(25mm穴)
  • 288穴(19.6mm穴)

地域によってプラグトレーの選択に違いはありますが、以下のようにするのが良さそうです。

128穴プラグトレー ブロッコリー、キャベツ、ハクサイ
200穴プラグトレー レタス
324穴・448穴ポットトレー タマネギ
直撒き ダイコン、カブ
育苗トレーの容量

容量の目安は以下の通りです。

  • 培土 ・・・ 3〜3.1L
  • 覆土 ・・・ 0.5〜0.7L

培土は自分で培土設計することもできますが、まずは購入した培土を使うとよいそうです。

育苗期間と作付方法

秋冬野菜の育苗方法や作付方法は以下の通りです。

品目育苗資材育苗期間定植時期条数/条間株間畝幅
蒸込棚上
ブロッコリー 128穴プラグ 20〜30日 本葉2〜3枚 2条/20cm 35cm 135〜150cm
1〜2日
キャベツ 128穴プラグ 20〜30日 本葉2〜3枚 2条/40cm 35〜38cm 135〜150cm
1日
ハクサイ 128穴プラグ 20〜30日 本葉2〜3枚 2条/40cm 38〜45cm 135〜150cm
1〜2日
レタス 200穴プラグ 20〜30日 本葉2〜3枚 2条/30〜33cm 26cm 125〜130cm
1〜1.5日 3条/27cm 33cm 130〜140cm
タマネギ 324ポットトレー
448穴ポットトレー
※ エアープルーニングなし
60〜80日 時期に合わせる 4条/20cm 12cm 135〜140cm
3日
ダイコン(カブ) 直播き 2〜3条/30〜40cm 20〜30cm 140cm
エアープルーニングをする

トレーに広げたり、ポットに鉢上げしたあと、地上から浮かせて設置します。底から空気いれることによって光がはいるので、光に反応した根はそれ以上伸びないようになるため、根が穴から出ません。根があると作業がしにくくなります。

育苗棚を作る

木材やブロック、ビニペットなどを利用して育苗棚を作ります。また虫よけと乾燥防止、遮光をするために、寒冷紗などをトンネルで被せます。特にキャベツなどは、光が強すぎると温度が上がってしまい根傷めをする恐れがあります。

タマネギの育苗

タマネギの育苗は、ポット型のトレーを使って育苗を行います。

f:id:akaringding:20160822140417p:plain

画像引用:製品案内 | みのる産業株式会社

タマネギはエアープルーニングしない

タマネギは、エアープルーニングをせずに育苗を行います。

蒸し込みをした苗のプラグトレーとアンダートレーを、施肥済みの畝の上にスキマがないようにピタッと置き、育苗をします。トレーの上に板を乗せて、踏みつけるひともいるそうです。

また、育苗中は何度か葉切り機を使って葉をカットし、定植機にあう高さに揃えるそうです。

f:id:akaringding:20160822143524p:plain

画像引用:産地ブログ|株式会社エプロン

タマネギは育苗期間がながいので、プラグトレーのみだと肥料の供給が追いつきません。こうすることで、畝から肥料を吸収させます。定植をするときは、アンダートレーを持ち上げて、伸びている根を切って定植を行います。

品種植え付け定植収穫
極早生品種 9月上旬 10月20日〜11月頃 4月
早生品種 9月23日頃 11月5日〜11月20日 5月上中旬
中早生品種 9月27日〜10月3日 11月20日〜1月中旬 5月25日〜6月10日

品種の違い

同じ品目の野菜でも、様々な品種があります。どのように品種を選ぶかは以下の事項を検討し、農家にあっているものを選びます。

  • 栽培時期の違い(早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)等)
  • 味の違い
  • 耐病性(ベト病R1〜7、根こぶ病CR、白さび病など)
  • 性質の違い
  • こだわり(固定種など)

早晩性(そうばんせい)

品種によって、収穫の時期(期間)に違いがあります。これを早晩性(そうばんせい)といいます。

早生(わせ) 作物の収穫時期となるのが中生よりも早い品種
中生(なかて) 作物の収穫時期が早生よりも遅く晩生よりも早い品種
晩生(おくて) 晩生とは、作物の収穫時期となるのが遅い品種

抽苔性(ちゅうだいせい)

気温や日照時間などにより花茎(かけい:花をつけた茎)が伸びだすことを「抽苔(ちゅうだい)」、または「とうだち」といいます。品種ごとに、この抽苔性(ちゅうだいせい)が考慮されているので、なるべく種の説明に記載されている播種・収穫時期にあわせるほうが無難です。ただ、農家さんによっては、早まきしている方もいるそうです。

作型

作物は、花成誘導の仕方によっていくつかの型に分類されます。以下は分類の一例です。

グリーンバーナリー型 植物が一定の大きさにならないと花成誘導できない植物
シードバーナリー型 種子が吸水して胚が動き始めると同時に花成誘導できる植物

参考文献

作物ごとの作型や特徴については以下の本にまとまっています。

野菜の生態と作型―起源からみた生態特性と作型分化

新品価格
¥4,628から
(2016/8/19 11:01時点)

野菜ごとの留意点

野菜ごとに留意点をまとめました。

ハクサイ

定植を10月10日〜15までに定植しないと葉が巻かないことが多いです。

ダイコン

9月10日頃に種まきすると良いものができると言われています。

ブロッコリー

ブロッコリーは生理障害が起きやすい野菜なのだそうです。ブロッコリーの生理障害について、いくつか後述します。

ホウレンソウ

ホウレンソウは、日照時間が長い(長日)になると、抽苔しやすいと言われています。

タマネギ

タマネギは、9月下旬には播種し、11月末に定植し、5月に収穫をします。1月〜2月に大きくなりすぎていると、抽苔しやすいと言われています。ただ、抽苔の現象が現れるのは3〜4月ごろになるそうです。葉が倒れる、倒伏反応は、日照時間や温度に起因しておきると言われています。

ブロッコリーの生理障害

ブロッコリーは生理障害が発生しやすいです。基本的な生理障害について紹介します。

ボトニング

小さいうちに低温にあたり、花蕾が大きくなるために必要な葉の枚数を確保する前に、花芽が分化してしまい小花蕾になること。対策としては、最低夜温10℃、最高25℃以下の環境にします。

リーフィー

生殖生長が途中で止まってしまい、栄養生長に移行したために、花蕾の間に葉が発生してしまうこと。リーフィーが起きないよう、夏に早まきしないことや、花蕾ができるときに、肥効が強くならないようにします。また、花蕾形成期に過剰な高温にあたらないようにします。

アントシアニン発生

低温にあたると、花蕾や葉が赤紫に変色します。この赤紫は、アントシアニンによるもので加熱すると緑色に戻り問題なく食べられます。

キャッツアイ

低温などに当たって、花蕾形成が少なくなり、花蕾の間から蕾の茎部分が出てきます。

花茎の空洞化

生育過剰、急な成長、ホウ素欠、ペクチン酸カルシウム欠乏が原因となって、茎の中に空洞ができてしまいます。

その他、生理障害についてはタキイ種苗のWEBサイトを参照してください。

タキイの野菜 - タキイ種苗