読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

第三作の播種を行いました!品目は初挑戦のスイスチャードとサラダコマツナ

f:id:akaringding:20160717223029j:plain

第二作を終えて、太陽熱養生処理を行っていたプチ農場。太陽熱養生処理を行ったのは約2週間でしたが、気温が高い日が続いたので大丈夫かなと思います。(本来は積算温度が900℃になるまで待ちますが、研修終了日が近づいていることもあり播種を急ぎました!)

養生処理の様子はこちらから。

ag.dotsnest.com

今回作付したのは、

  • スイスチャード
  • サラダコマツナ

の2品目です。どちらも初挑戦の品目です。産直市にちょこっと出荷して得た知見、

  • ノーマル野菜は、競合農家さんが多い。(コマツナ、トマト等)
  • 見た目が映えるのが売れる。(色鮮やかなベビーリーフは売れ残りゼロだった)

というのを考慮して選びました。(単純に育ててみたいという好奇心でもあります。)ちなみにスイスチャードの種は、種苗屋さんにもなかったので2週間かけてメーカーさんから取り寄せました。

f:id:akaringding:20160717223018j:plain

作付にむけて、まずはマルチシートを剥がします。表面はこんな感じで、ヒビ割れをしている箇所がいくつかありました。

f:id:akaringding:20160717223037j:plain

f:id:akaringding:20160717223046j:plain

表面の土はちょっと固いのですが、少し掘ってみるとこんな感じ。最初に作付したときは、泥の塊だらけだったのですが、ホロホロになっていてだいぶ物理性が改善されてきたように思います。

f:id:akaringding:20160717223057j:plain

前回の作で育てた野菜の残渣をそのまま鋤きこんだ場所は、ちょっとカビっぽいのが生えていました。

f:id:akaringding:20160717223107j:plain

f:id:akaringding:20160717223117j:plain

まずは、たっぷり散水します。その後に、株間を20cmくらい空けて播種をしました。スイスチャードは、種を一晩水につけてから播種をしました。

f:id:akaringding:20160717223136j:plain

播種したあとにも、たっぷり水をやりました。

f:id:akaringding:20160717223157j:plain

これで播種完了。芽がでるのが待ち遠しいです!