読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

第二作が終了!第三作へ向けて施肥と養生処理を行いました!

ミトミネプチ農場

f:id:akaringding:20160703182805j:plain

徳島のスーパー、キョーエイのすきとく市に出荷すること3度。ベビーリーフやワサビナ等の葉物野菜を合計22点出荷しました。そろそろ出荷時期も終わり、第三作に向けて準備をする時期です。いま生育している分をすきこんで、プチ養生処理を行うためお天気の日を待って作業を行いました。

f:id:akaringding:20160703182827j:plain

今回施肥する資材は、ざっくり以下の通り。土壌分析の結果をもとに計算してみました。

  • ハーモニーシェル(炭酸カルシウム)
  • マンガンパワー(硫酸マンガン)
  • アイアンパワー(硫酸鉄)
  • なっとく有機(発酵型アミノ酸肥料)
  • 廃菌床堆肥
  • バーク堆肥
  • 酵母菌培養液
  • 酢酸

f:id:akaringding:20160703182816j:plain

ミニトマトに追肥

ミニトマト圃場には、マンガンパワーとアイアンパワー、酢酸を水に溶かした液肥を葉面散布しました。

f:id:akaringding:20160703191923j:plain

さらに、なっとく有機と廃菌床堆肥、バーク堆肥を混ぜたものを散布し、酢酸を水に薄めた液肥を散布しました。

f:id:akaringding:20160703183212j:plain

葉物圃場

葉物の圃場は、収穫後の作物が残っているので、家庭用耕うん機を使って鋤き込みました。

f:id:akaringding:20160703185412j:plain

f:id:akaringding:20160703183227j:plain

その後は、ミニトマト同様に肥料を施肥して、酵母菌の液肥を散布。マルチシートを被せて、温度があがるようにします。

f:id:akaringding:20160703183243j:plain

本来の太陽熱養生処理では、有機物を分解し雑草の種を殺すために、積算温度900℃になるまで養生を行います。そのためには大体3週間ほど必要なのですが、今回はプチ養生ということで1週間ほどの養生を行う予定です。

f:id:akaringding:20160703183322j:plain

マルチシートを張った翌日に圃場をのぞいてみると、たくさんの水滴ができていました。手で触るとかなり熱かったです。幸いにも、作業日から晴天が続いているので順調に仕上がりそうです。

f:id:akaringding:20160703183336j:plain

第三作に向けて準備を開始したプチ農場。少量ではありますが、出荷先もあるのでもっとおいしい野菜ができるようにがんばりたいと思います!