読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

沖縄出身者が欲する!沖縄でしか手にはいらないレア食品(ポーク缶、コンビーフハッシュ、タコシーズニングetc...)

つれづれ

f:id:akaringding:20160609194145j:plain

生まれ育った故郷の沖縄を離れ、徳島で農業を勉強中のわたし。徳島に来る前も、半年ほどアジアをバックパッカーしていたり、東京で働いていたりしたので、沖縄を離れて生活をするのも慣れていたはずなんですが、最近は自炊をしているからかどうしても食べたくなるものがあるんです。

それは、沖縄のスーパーならどこにでも売っているのに、徳島県内のスーパーじゃ買えない(もしくは高い)、この食品たち。食べたい衝動が抑えられず、沖縄在住の姉におねだりして仕送りをしてもらっちゃいました。

どれも沖縄の食卓に根付くアメリカ文化を象徴している品々です。添加物多そうなのでカラダにはあまり良くないと思うのですが、どれも美味しいんですよね。。それぞれの食材について、我が家での食べ方を解説しつつ紹介したいと思います。

ポーク缶

本土ではよく"スパム"と呼ばれていますが、それだと商品名になっちゃうので、沖縄県民は「ポーク」とか「ポーク缶」と呼ぶことが多いです。正式にはポークランチョンミートといいます。スパムやチューリップ、ミッドランド、オキハムなどいろいろなメーカー(商品)があります。

f:id:akaringding:20160609205227p:plain

画像引用:【楽天市場】沖縄ポークランチョンミート6缶食べ比べセット!

地元スーパーでは198円〜298円くらいで購入できます。徳島でも売られているスーパーを発見したのですが、1つ350円と高かったので購入できませんでした。

f:id:akaringding:20160609194157j:plain

沖縄県民はこのポーク缶をとにかくよく食べます。ウチでも、カレーや野菜チャンプルー(野菜炒め)、味噌汁には当たり前のように入っています。作るのが面倒で自分ではあまり作りませんが、ポーク卵おにぎり(おしゃれに言えば、スパムのおにぎらず?)は、沖縄県内のコンビニで200〜300円で売られています。

f:id:akaringding:20160609205338p:plain

画像引用:ポーク玉子シーチキンマヨネーズ|沖縄ファミリーマート

使い方としては完全にお肉の代用品で、お肉買い忘れた〜とかお肉が高い〜となると、ポーク缶が登場していました。個人的には、焼いて食べるより煮て食べたほうが塩分が程よく抜けて好きです。カレーやヘチマの味噌煮で使われているポークが大好きです。

Cpicon 簡単炒めカレー☆ by とも0412

Cpicon ヘチマの味噌煮(ナーベーラー) by めぐタローママ

キャンベルのスープ缶

続いてはキャンベルのスープ缶。クラムチャウダーとかスープパスタとかいろいろ種類はあるのですが、王道なのはチキンクリームとマッシュルーム。作り方がとにかく簡単で、お鍋にスープ缶とお水を入れて煮込むだけなんです。中学校のころ、部活の合宿の朝ごはんは、キャンベルスープが定番でした。ウチでは、チキンクリームをベースにスライスしたジャガイモを煮込んで「ポテトのクリーム煮」をよく作っていました。

Cpicon キャンベルスープで簡単☆鶏ささみグラタン by ナピト

f:id:akaringding:20160609194207j:plain

コンビーフハッシュ

いつかのケンミンショーでも取り上げられていたコンビーフハッシュ。本土では、ポテトなしの「コンビーフ」がメジャーなのだと番組を観てはじめて知りました。しかも家庭の食卓ではあまり見かけないとか…。沖縄ではポーク缶と並ぶ使用頻度だと思います。

用途としては、主に炒め物。個人的には、カレーや味噌汁に入れるのはご法度で、あくまでも炒め物(チャンプルーやチキンライス)に使うという扱い。あ、コロッケやポテトサラダにはいいと思います。このパッケージの写真のように、コンビーフハッシュ単体を食べることはまずありません。

Cpicon コンビーフハッシュでゴーヤーチャンプルー by メアのごはん

f:id:akaringding:20160609194504j:plain

タコシーズニング&サルサソース

沖縄の郷土料理「タコライス」。伝統的な料理ではありませんが、アメリカから伝わってきた"タコス"のミートをごはんの上に載せちゃったというお料理です。沖縄では、キングタコス(通称:キンタコ)というお店に行けば600円でレタス山盛りのタコライスが食べられるので、自宅で作る頻度は低めでした。ちなみに、キンタコのソースはかけ放題で、知人には1皿に1本使う人もいました。

f:id:akaringding:20160609204148j:plain

沖縄の家庭でタコライスを作る上で欠かせないのが、このタコ・シーズニングとサルサソースです。ひき肉をシーズニングで炒めてご飯の上に乗せて、レタスとトマト、チーズをトッピングし、サルサソースをかければ出来上がりです。めちゃめちゃ簡単です。

f:id:akaringding:20160609194516j:plain

しかも、タコライスは大量に作れるメニューなのでみんなでパーティーするときにもピッタリです。いつぞやのホームパーティーでつくったメガタコライスがこちら。

f:id:akaringding:20160609204217j:plain

今回紹介したレア食品たち。沖縄県内のスーパーならどこでも取り扱っているのですが、徳島ではなかなか発見できません。ネットで購入するにも、商品価格以上に送料がかかってしまい、断念していました。送ってくれた姉に感謝です。美味しくいただきます!!!