読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

情熱カンパニーさんで農業研修!最終日はチンゲンサイの定植とオクラの剪定

有機農業研修

f:id:akaringding:20160527201016j:plain

きょうで情熱カンパニーさんでの実地研修も最終日を迎えました。きょうの作業は、チンゲンサイの定植とオクラの剪定です。

 まずは、チンゲンサイの定植です。定植の作業は2日目にもやったので、今回で2回目になります。初回に比べて、中腰をキープできる時間が長くなったように感じます。スピードはなかなかあがりませんが、中腰がキープできる分、横の移動がスムーズにできました。

f:id:akaringding:20160527201102p:plain

定植を終えたら、防虫ネット用の支柱をたてます。振り返ってみると、この支柱たてが一番大変でした。力の入れ方にコツがあるようで、思ったように刺さらず何度もやり直ししました。

f:id:akaringding:20160527201128j:plain

そのあとは、潅水チューブを使ってたっぷり水をやります。

f:id:akaringding:20160527201913j:plain

防虫ネットと畝間シートを設置して完成です!本当はここまで、午前の内に終わりたかったのですが、人数が少なかったことやスピードが遅かったこともあり15時くらいまで時間がかかってしまいました。

f:id:akaringding:20160527201933j:plain

オクラの剪定

定植が終わったあとは、オクラの剪定を行いました。

f:id:akaringding:20160527202919j:plain

オクラは長さが6~7㎝になった時が一番美味しい頃合いです。ピークになると次々と大きくなるので莢が柔らかいうちに収穫しましょう。収穫後は収穫した果実の下の葉を全て摘み取っておくようにしましょう。収穫後の果実の下葉を切り取らずにそのままにしておくと、養分や水分などが葉の方に流れてしまってそれ以上の実成りが悪くなってしまいます。

オクラの簡単な育て方

オクラの剪定をする理由には、風通しをよくすることもあるそうです。

オクラの作業を長時間していると、痒くなってしまうため、長袖で作業した方がいいそうです。

f:id:akaringding:20160527204044j:plain

剪定し終わったあとは、こんな感じになります。剪定作業と一緒に、マルチの上に落ちた花や葉っぱも片付けました。

f:id:akaringding:20160527205950j:plain

以上で、情熱カンパニーさんでの研修最終日が終了です!いろいろ教えていただき、ありがとうございました!情熱カンパニーさんでの研修の様子は、以下の記事で紹介しています。

ag.dotsnest.com

ag.dotsnest.com

ag.dotsnest.com

ag.dotsnest.com

ag.dotsnest.com