読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

土壌改善計画③:培養した酵母菌液肥(ドライイースト+三温糖)を散布してマルチ張り

ミトミネプチ農場

f:id:akaringding:20160514132338j:plain

きょうは、昨日つくった酵母菌の液肥を散布します。まずは、家庭用耕うん機で耕していきます。虫食いにあってしまったわさび菜もすきこんでしまいます。

次にピートモスを散布して混ぜ込みます。ピートモスは、コケ等が腐植化して泥になったものを乾燥・粉砕・選別したものです。元々コケなので、土壌の保水性が高くなります。畝の体積の約10%入れます。

f:id:akaringding:20160514132401j:plain

ピートモスが混ざったら、クワを使って畝を立てます。

f:id:akaringding:20160514132720j:plain

その後は、培養した酵母菌の液肥(ドライイースト+三温糖)をジョウロを使って散布します。

f:id:akaringding:20160514132733j:plain

その後は、JAの資材店で購入した透明マルチを貼ります。

f:id:akaringding:20160514132755j:plain

マルチの貼り方はまだ実習で習っていないので、こちらのYoutubeをみて真似してみました。

あとは1週間程待ちます。どれくらい土がふっくらするのかを楽しみです。

これまでの土壌改善計画はこちらから

ag.dotsnest.com

ag.dotsnest.com