読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

樫山農園での農業研修。4日目は小松菜の収穫と圃場の草刈り

有機農業研修

f:id:akaringding:20160425191630j:plain

先日から続いている樫山農園さんでの研修も、あっという間に折り返し地点"4日目"になりました。きょうは、午前中に小松菜のパック詰め、午後からは圃場の草刈りを行いました。

小松菜のパック詰め 

きょうは収穫作業を先輩がやってくれていて、調整作業とパック詰めを行いました。小松菜の根切りや汚れを取り除く"調整作業"は、まだまだ先輩のように早くはできません。時間を意識するためにも、1ケース調整作業をするのにどのくらいかかるか時間を測ってみると・・・

1ケース目:約18分

2ケース目:約14分

3ケース目:約16分

でした。2ケース目は調子がよかったのですが、3ケース目はややペースダウンしていました。目標は1ケース10分以内!小松菜を丁寧に扱いながらも、時短をめざしてがんばりたいと思います。

f:id:akaringding:20160421210427j:plain

圃場の草刈り

午後からは草刈機を使って、お米の圃場の草を刈りました。草刈機には、新しいチップソーをセットしてもらいました。扱いが悪いと石に当たってチップがダメになってしまいます。

f:id:akaringding:20160425191558j:plain

お米の圃場の農道の草を刈って、農業機械が入りやすいように&作業しやすいようにします。また、刈った草が田んぼに入らないよう、刈り方には注意が必要です。

f:id:akaringding:20160425191613j:plain

この日は温かかったので、チョークは開けた状態でエンジンをかけます。

f:id:akaringding:20160425191738j:plain

草刈機の刃の向きと回転を意識して、草を刈っていきます。刃の左側を草に当てるのではなく、少し左前部分を草に当てるとうまく草を飛ばすことができます。左側の手前に刃を当てると、草がカバーに巻き込まれたりします。

f:id:akaringding:20160425192852p:plain

教えていただいたようにリズミカルに動かすのは難しかったです。まだまだスピードはないですが、石に当たらないように注意しながら草刈りをしていきました。

f:id:akaringding:20160425191650j:plain

草刈りを終えたときの刃の状態はこんな感じでした。飛んでいるチップはなかったものの、何度か石に当たってしまったので反省です。草をただ刈るだけではなく、邪魔にならない場所に草を飛ばすことや効率的な進み方などを意識しながらやるので、なかなか集中力のいる作業でした。

f:id:akaringding:20160425191708j:plain

明日は1日中、草刈り作業の予定です。草刈機を使いこなせるようにがんばりたいと思います。