読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

樫山農園さんでの実習1日目&2日目〜有機農業研修レポート〜

f:id:akaringding:20160421213501j:plain

とくしま有機農業サポートセンターの研修では、研修所で行う座学と実習のほかにも農家さんで行う"実地研修"もあります。9月までの研修期間中、全部で3ヶ所の農家さんを訪問し数日間研修を行いますが、現在1つめの研修先「樫山農園」さんにお世話になっています。1日目と2日目の研修の様子をレポートします。

目次

 

※ 樫山農園さんに許諾いただき、写真をブログに掲載させていただいております。

研修1日目

研修初日は、菌床椎茸の収穫と水換え作業でした。樫山農園さんでは、トマトや小松菜といった野菜のほかにも、椎茸も栽培しています。廃菌床を使った堆肥場には研修で行ったことがありますが、現役で使われている菌床をみたのはこれがはじめてです。

この画像はフリー素材なのですが、こんな感じで菌床から椎茸が生えています。椎茸の裏をみて、"カサ"が開いていたら収穫の合図。根本を手で右左と動かして、椎茸をもぎりとります。

f:id:akaringding:20160421204947j:plain

椎茸の収穫が終わったら水換えの作業です。菌床はプラスチックで出来たパックに入っていて、水に浸されています。色が茶色くなっているパックの水を捨て、菌床に椎茸の芽が出ていないか、腐った椎茸がないかなどをチェックしていきます。

一つ一つチェックしていくので、思った以上に時間がかかってしまい、丸1日かけてもハウス内の半分程度しか終わらせることができませんでした。上の棚にある菌床を取るときパックを傾けてしまうと、カラダに水がかかるので、注意が必要です。もう少し上手にカラダを動かせるようになって、作業のスピードをアップさせたいです。

1日目は、車の鍵をうっかり紛失してしまうというハプニング以外は、順調に終了することができました。

2日目

2日目は、小松菜の収穫作業と管理機を使った畝立て作業です。

研修でホウレンソウの収穫はしたことがあるのですが、小松菜はこれがはじめてです。ホウレンソウよりは茎が太くしっかりしているので、刈り取りはしやすかったです。ただ、作業スピードはなかなか上がらず、意識しながら作業して早く慣れたいと思いました。収穫した小松菜は、作業場に持って行き調整作業とパック詰めを行います。

f:id:akaringding:20160421210427j:plain

調整作業では泥を落としたり、余分な葉や根を切り落としたりします。収穫の時に泥がつかないようにすれば、この作業も随分とラクになります。

キレイに整えた小松菜を一定の量ごとに分け、パック詰めをします。パック詰めは半自動で機械がやってくれるのですが、定位置に小松菜を置かないと小松菜がパックの締める部分に引っかかってしまうので注意が必要です。

小松菜の調整作業もパック詰めも、本来であればもっとスピードアップをしなければなりません。今回は、収穫からパック詰めを午前中で終わらせることができませんでした。。スピードによって1パックあたりのコスト(人件費)もだいぶ変わってくるので、「早く」且つ「丁寧に」ができるようになりたいと思います。

管理機で畝立て

小松菜の作業のあとは、別のハウスに移動し、畝立ての作業を行いました。畝立ては「管理機」という機械で行います。

f:id:akaringding:20160421211003j:plain

以下はちょっと備忘録的な感じになるのですが、使い方のメモです。

  • 管理機は、4サイクルと2サイクルのタイプがある。4サイクルはガソリンのみで動き、2サイクルのタイプはガソリンとオイルを混合したものを使う。それぞれ違うものを入れてしまうと故障してしまう。
  • 土よけのパネルの向きや手前の車輪の高さを調節して畝を立てる。
  • エンジンを回すときは、ギアがニュートラルになっているか確認する。
  • アクセルレバーの小さい方を上げると進行が止まる。
  • 目の前に人差し指を立てて、一直線のイメージを掴んで、ゆっくり進行するとまっすぐの畝ができる。

上記以外にも使い方のポイントがたくさんあって、丁寧に教えていただきました。

f:id:akaringding:20160421212444j:plain

サポートセンターの研修でも使ったことのない機械だったので、動かすのにかなり緊張しました。どうにか1列を作ることができましたが、まっすぐ進んでいるつもりがどこか歪んでしまっていました。。まだまだ修行がたりません。

f:id:akaringding:20160421212515j:plain

草刈機

今日は雨が降ってしまって、私達はできなかったのですが、草刈機の使い方も教えてもらいました。何度か使ったことはあるのですが、刃がどのようになっているかや正しい持ち方(高さ)など、改めて教えてもらうと知らないことばかりでした。

f:id:akaringding:20160421221110p:plain

いままでの私の使い方では、刃がすぐにダメになってしまうし、力で無理やり草を刈るので腰痛の原因にもなってしまいます。構造を理解したうえで、正しく使わないと、身体もダメになってしまうし、備品もすぐに壊れてしまうので経営的にも影響が出てしまいます。

f:id:akaringding:20160421212559j:plain

明日は晴れるとの予報なので、草刈機にチャレンジできると思います。実習ではやったことのないことが、いろいろ経験できるのでとても勉強になります。あと3日、樫山農園さんでの研修は続きますが、がんばりたいと思います。