読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

農作業を安全に行うための熱中症予防〜有機農業研修レポート〜

f:id:akaringding:20160411132603j:plain

農業を安全に行うために「安全衛生」について学んでいきます。

 なぜ熱中症になるのか

人間はエネルギーを体内で燃やしています(産熱)。汗をかくことで適度に放熱し、体温を36℃に保っています。(放熱) 汗は血液で出ています。そのため、血液に流れているミネラルも汗と一緒に失われます。

熱中症は、高温環境下で水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能が崩壊してしまう症状のことです。

熱中症の症状
  1. 脱水による体温上昇
  2. 体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全

熱中症の段階

熱中症は以下の段階で進行します。Ⅲ度(重度)は昔、熱射病とも呼ばれていました。熱中症には毎年4〜5万人が発症していますが、その1割はⅢ度の状態だと言われています。

Ⅰ度(軽度) めまい・失神 大量の発汗
失神
筋肉痛
筋肉の硬直(こむら返り)
Ⅱ度(中等度) 頭痛
嘔吐
倦怠感・虚脱感
集中力や判断力の低下
強い眠気/
Ⅲ度(重度)  熱によるたんぱタンパク質凝固    
中枢神経症状
肝臓腎臓機能障害
血液凝固異常

こんな時は要注意

環境
  • 気温、湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 締めきった室内でエアコンがない
  • 急に暑くなった
カラダ
  • 高齢者や乳児
  • 肥満や糖尿病、心臓病
  • 精神疾患
  • 低栄養状態
  • 体調不良(下痢)、二日酔い、睡眠不足

行動

  • 激しく、慣れない運動
  • 長時間の屋外活動
  • 水分補給がしにくい

熱中症患者の発生数をみると、意外にも梅雨明けした時期も患者数が多いです。暑い気温に慣れていない時期に暑い日があると要注意です。大粒の汗が出ているときは、汗に慣れていない証拠なので、対策を徹底するようにしましょう。

熱中症の応急手当

熱中症の症状が見られた場合、血が巡る部位(首周り、脇の下、太ももの付け根、足首)を冷やしましょう。また服が汗で濡れている場合は、着替えさせましょう。

f:id:akaringding:20160411132508p:plain

画像引用:健康増進課 - くらしの情報 / 天草市ホームページ

 

http://www.wbgt.env.go.jp/img/heatstroke_checksheet.png

画像引用:環境省熱中症予防情報サイト ##熱中症の対処方法(応急処置)

体内水分が失われるとどうなるか

水分減少率主な症状
2% 喉の渇き
3〜4% 食欲不振・イライラ
皮膚の紅潮・疲労困憊
5%以上  言語不明瞭・呼吸困
身体動揺・けいれん   

脱水症状かどうかの判断

握手をする

握手をして手が冷たくなっている場合、身体の水分が足りてない可能性があります。

手の親指の爪を押す

親指の爪を白くなるまでギュッと押してから離し、元のピンク色に戻るまで3秒以上かかる場合、脱水状態 になっている可能性があります。

手の甲の皮膚を引っ張ってみる

手の甲の皮膚を引っ張り、元の状態に戻るまで3秒以上かかる場合、脱水状態 になっている可能性があります。

舌の状態を見る

脱水状態になると舌の表面がザラザラしたり赤黒い色になります。

飲み物で熱中症対策

  • 体液よりも低い浸透圧の物が吸収されやすいため、水だけよりは「水+塩」が良いです。
  • スポーツドリンクはアイソトニック飲料と呼ばれ、体液と同じ浸透圧でゆっくり吸収されます。また水分補給には糖分が多すぎる傾向があります。そのため、スポーツドリンクを利用する場合は、2分の1程度に薄めて塩をひとつまみ入れるといいでしょう。
  • OS-1はハイポトニック飲料と呼ばれ、体液よりも低い浸透圧です。そのためすぐに吸収されます。
  • 糖分は塩分の吸収を高めます。
  • カフェインを含む緑茶やウーロン茶等も控え、ノンカフェインの麦茶を飲みましょう。
水中毒には要注意

水を多量に飲んでしまうと血液の濃度が薄くなってしまい逆効果になってしまうことがあるので注意しましょう。

理想の水分補給ドリンクを作ってみよう

水分500ml+塩分20g+糖分1.5g

水500mlと砂糖20g、食塩1.5gを混ぜて、レモン果汁やオレンジ果汁で風味漬けをします。常温よりも、冷やしたほうが体内への吸収率が高いです。

プチ実習として理想の水分補給ドリンクを作ってみましたが、甘ったるい砂糖水という感じで美味しくはなかったです。。レモン汁を入れたら少しは飲みやすくなるかもしれません。

f:id:akaringding:20160411135626j:plain

この記事は、研修を実施する「とくしま有機農業サポートセンター」の許諾の元、筆者の復習を目的に記載されています。内容の正確性を保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。内容に誤りや不適切な点があった場合こちらまでご連絡いただけると幸いです。