読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミトミネ農場

IT業界の末席から農業の世界に飛び込んでみて日々感じたことや学んだ事を書き連ねます。

培土の内容物と効用〜有機農業研修レポート〜

有機農業研修

f:id:akaringding:20160407113932j:plain

今回は培土についての学習です。培土には様々な肥料が混合されていますが、ひとつずつ見ていきましょう。

培土とは

培土は、草花や野菜を育てるための土で培養土のことです。培土には、堆肥やアミノ酸肥料、ミネラル等が混ぜられているものがあります。とくしま有機農業サポートセンターでは、ポットとプラグトレー(種まき培土)で以下のような資材を使っています。

ポット培土の配合物(例)

ピートモス

ピートモスは、コケ等が腐植化して泥になったものを乾燥・粉砕・選別したもの。元々コケなので保水性が高くなり、混ぜた土を酸性にするほどの強酸性(pH3〜4)があります。バーミキュライトと一緒に使うと通気性、保水性がよくなります。例えば、ブルーベリーは酸性を好むので、ピートモスを多量いれることによって酸性の土を作ります。

f:id:akaringding:20160407101815p:plain

画像引用:【土の種類と特徴 その9】 ピートモス

パーライト

パーライトは、藻類が分解・化石化された珪藻土が原料です。通気性排水性を良くするために使われます。サイズ別に流通していて、LサイズやS&Lの混合物はポットや育苗箱栽培、園芸培土に使われます。Sサイズはプラグトレー等に使われます。

f:id:akaringding:20160407103014p:plain

画像引用:パーライト 20リッター

バーク堆肥

バーク堆肥は、針葉樹木の皮の部分(バーク)を発酵させた堆肥です。繊維質により、通気性、排水性、保肥性を高めます。広葉樹を使ったものはミネラル豊富ですが、貴重で手に入りづらいです。

バーク堆肥の注意点

製造工程の中で発酵促進用のチッソ源として「尿素」が使われている場合があります。尿素は有機農業では使えないので、製造工程を確認して使用しましょう。有機で使えるバーク堆肥では、食品の残飯をチッソ源として使用しているものもあります。 

f:id:akaringding:20160407103308p:plain

画像引用:愛媛産土壌改良バーク堆肥40L

みみず糞土

とくしま有機農業サポートセンターがある徳島県小松島市の特色を活かした材料。しいたけの廃菌床堆肥を利用してみみず糞土を生産しています。

f:id:akaringding:20160407104656p:plain

画像引用:みみず糞土 つぶ太郎 5リットル

ゼオライト

ゼオライトは天然の火山岩・変成岩からできており、保肥力に優れています(CECが高い)ケイ酸が多く含まれています。pHは7〜9程度。ゼオライトは、3つのケイ素Si、4つのアルミニウムAl、2つの酸素Oが結合していて、それにナトリウムイオンが付帯しています。このナトリウムイオン(+)と、プラスイオンを持つ養分(Ca、Mg)などが入れ替わることができるため、ビオライトはCEC(保肥力)が高いです。

f:id:akaringding:20160407111208p:plain

画像引用:チャーム|ゼオライト特集

ハーモニーシェル

カキ殻を原料とした石灰(Ca)肥料です。保水性・通気性に優れ、ミネラルの微量要素も含んでいます。

f:id:akaringding:20160407105629p:plain

画像引用:発酵鶏糞とハーモニーシェルを散布しました 

フィッシュソリブル(オーガニック8:1:3等)

フィッシュソリブルは、青魚を主原料に固形物と油脂を遠心分離で取り除き、腐敗しないまでに煮詰めたものです。抽出型アミノ酸肥料で、細胞作りに役立ちます。

f:id:akaringding:20160407105427p:plain

画像引用:魚エキス100kg(20kgx5個セット)

種まき培土(例)

種まき培土には、 上記の肥料に加えて「バーミキュライト」を使っています。

バーミキュライト

バーミキュライトは天然の鉱石(ヒル石)を砕いたものです。排水性保水性がよく、光が反射するので熱を遮断でき乾燥を防ぐことができます。そのためよく覆土に使われます。

f:id:akaringding:20160407105234p:plain

肥料名原料効果・特徴代表的な資材
ピートモス 腐植化したコケ 保水性・強酸性
pH3〜4
 
パーライト 珪藻土 通気性・排水性
サイズで使い分け
 
バーク堆肥 針葉樹木の皮 通気性・排水性・保肥性 森のめぐみ
みみず糞土 みみずの糞土   みみず太郎
ゼオライト 火山岩・変成岩 保肥力
pHは7〜9、ケイ酸が豊富
 
カキ殻石灰 カキ殻 保水性・通気性
ミネラルの微量要素を含む
ハーモニーシェル
フィッシュソリブル 青魚 抽出型アミノ酸(速攻性細胞作り) オーガニック8:1:3、ニューシープロテイン
鶏糞・鶏残渣肥料 鶏糞・鶏残渣 発酵型アミノ酸(細胞作り) なっとく有機、アミノバード
バーミキュライト 鉱石(ヒル石) 排水性・保水性・乾燥防止
覆土
 

培土をゼロから作る際のポイント

その他にも、培土には赤玉土や川砂、富士砂などが使われます。

1.物理性を重視して、まず配合してみる

培土をゼロから作る場合、まずは物理性を重視して作ってみたほうがいいです。

2.ゼオライトと堆肥を入れる

物理性がよくなったら、ゼオライトと堆肥をいれてみましょう。

3.成分分析をする または、小松菜等を使って栽培実験

培土ができたら成分を分析してみるか、小松菜などを使って栽培実験をして問題がないか調査します。

一般販売されている培土の成分比

一般で販売されている培土の成分比は以下のようになっている場合が多いです。

  • N:チッソ 300mg / 1L 以上
  • P:リン酸 300mg / 1L 以上
  • K:カリ 300mg / 1L 以上

<例題>オーガニック8:1:3を使って600mgのチッソを入れたい場合、600÷0.08=7500mg = 7.5g となるので、7.5gのオーガニック8:1:3を入れれば良い。

Tips

とくしま有機農業サポートセンターで、各肥料を分析したことがあるそうです。普通に測定してしまうと、試薬の値が振りきれてしまうので、5%測定を行ったそうです。

1ccの土壌マスを使用して、20ccの抽出液で養分を抽出すると、50%の抽出液ができます。この50%抽出液を純水で1/10に薄めて、5%の抽出液にして分析を行ったそうです。

この記事は、研修を実施する「とくしま有機農業サポートセンター」の許諾の元、筆者の復習を目的に記載されています。内容の正確性を保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。内容に誤りや不適切な点があった場合こちらまでご連絡いただけると幸いです。